NO.394 02/01 「変動迎車料金」政府公約に

  02/01 「変動迎車料金」政府公約に
 政府は2月1日、未来投資会議(議長:安倍総理)を開き、2018年版の産業競争力の強化に関する実行計画案をまとめた。その中で重点施策と担当大臣を決め、運輸分野には「タクシーの変動迎車料金の導入」が、一方でシェアリングエコノミーの推進では「グレーゾーン解消制度の活用等に向けた支援、地域へのシェアリングエコノミー伝道師の派遣」(IT担当相、総務相、経産相が担当)などを盛り込んだ。これにより、変動迎車料金は政府の公約と位置づけられる。安倍首相は従来型の事業法による縦割りの発想からの脱却を宣言し、現在の通常国会に法案提出の意向を示した。これらは、「タクシーのダイナミックプライシングの仕組みの一環として、変動迎車料金の導入に向けた実証実験・運用指針の整備の検討」を盛り込んだ。また、「地域の課題解決や経済活性化の取り組みを促進する『シェアリングエコノミー活用推進事業』などによって、地方自治体によるシェアリングエコノミーの導入・連携を支援する」を盛り込んだ。

[ 2018年02月06日 14:38 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.393 02/02 相乗りタクシー実験

 相乗りタクシー実験
 実証実験は、雪の日の1月22日から24日スタートし特別23区武三地区で大和グループ649両、日交グループ300両でそれぞれ行っている。それぞれの専用アプリで乗車場所と目的地を入力すると、行き先が同じ方向の人をアプリが仲介する仕組み。運賃は1.1~1.2倍で走行距離に応じて「割り勘」になる。ネット決済で領収書はメールで届く。
 日交は何処でも乗車できるが大和は乗車できる場所が限られ、同じ場所から相乗りする。また、日交は男女混合可で助手席と後ろ側の2組しか取らず、大和は男女別で3組まで取れる。料金面でのメリットはあるものの、マッチングするまでの時間があるため待ち時間が長いなど課題も浮上し、利用状況は日交が1週間で両手で数えられる程度だ。
 3月11日まで実験は続け、国土交通省は結果を踏まえて実用化を検討する。しかし、タクシーはそもそも他の交通機関が無く、急いでいるから乗る面の輸送(戸口から戸口まで)の乗り物であるから巧くいく可能性は低いとみられる。

[ 2018年02月06日 14:02 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.392 2.1規制緩和忘れない宣伝行動

2.1規制緩和忘れない宣伝行動
①蒲田駅100枚 (東・西口) 帝都日新1小田急1平和1日東1=4単組4人
②目黒駅60枚  高砂3 合計:1単組3人
③恵比寿60枚 高砂2 合計:1単組2人
④品川駅150枚 飛鳥2 合計:1単組2人
⑤大井駅50枚  天龍2 合計:1単組2人 
⑥大森駅60枚  盈進1三信1  合計:2単組2人
⑦経堂駅50枚  小田急3
⑧烏山駅50枚  小田急3
⑨成城駅50枚  小田急3
⑩三鷹駅60枚  日交三鷹1
⑪吉祥寺駅50枚  日交三鷹1
⑫自由が丘駅50枚  荏原  
⑬北千住駅 70枚  日交千住5km1:2単組6人+足立区労連1
⑭東京駅150枚 日交新木場1品川1本部1=3単組支部3人+早川・舞弓・東個労1=6人(宣伝カー弁士:・早川・平岩・舞弓)

※2002年2月1日、規制緩和され増車参入・バラバラ運賃でタクシー崩壊の危機に瀕した2.1規制緩和忘れない宣伝行動は16回目の宣伝行動として取り組まれた。
自交総連は全国で取り組まれ、東京も全都で取り組み、南部ハイタクは14駅頭で取り組みました。若干寒さが和らいだ中での宣伝行動で1010枚のビラを配布しながら対話活動と東京駅に配置した宣伝カーから、舞弓春闘オルグの司会で早川副委員長と平岩東個労委員長が「全タク連と海外プラットフォームの提携へ舵を切った矛盾をつき、海外プラットフォームの危険性」を訴えました。

[ 2018年02月01日 16:10 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.391 1/23-24 自交総連40回中央委員会(全労連会館)早川・松村・髙野・中村雅・木俣・関・吉永・佐々木

 1/23-24 自交総連40回中央委員会(全労連会館)早川・松村・髙野・中村雅・木俣・関・吉永・佐々木
 中央委員会は、庭和田副委員長の開会挨拶ではじまり、議長団に小高(東京)と福井(大阪)を選出、執行部・中央委員・来賓傍聴など84人が参加して開催した。
 主催者挨拶で髙城委員長は、「安倍首相は年頭挨拶で国会での改憲発議に向けて強調し、働き方改革で労働者性を奪い、労基法をはじめとする労働法制そのものを無効化しようと、働き方改革推進法8本を一括法案として成立させようとしています」と安倍首相の危険性を強調。「白タク合法化阻止の運動が産別8団体の共闘などの取り組みと事業者を含めた共同の運動の成果でライドシェアを日本に上陸させていません。しかし、海外ライドシェアと連携する企業が現れていることに警戒が必要で、ウーバーが現行のタクシーサービスを利用すると方針を変更した。『ひさしを貸して母屋をとられる』ことになりかねません」と訴えた。
 3000万署名達成への「憲法学習ビデオ」上映を含め菊池書記長の方針提案を受け、質疑討論では16人が補強発言し、組織強化対策、ライドシェア阻止、特定地域・地域協議会の取り組み、労働条件改善の取り組み、外国人労働者の参入、最低賃金対策、権利侵害・原則的な闘い等補強発言が続いた。
 まとめと答弁で菊池書記長は、「京都は新京和を2年がかりで加入させ、長崎で加入者が生まれ展望が、北海道が個タクの仲間を組織、東京が道交法の取り組み、埼玉がわかりやすい言葉での宣伝などで組織化が進んでいる。白タク阻止は8団体の共同の取り組みの追求と宣伝で取り組む。財政も確保している。権利の侵害を許さず、原則的な取り組みで魅力ある職場を作ろう」と報告した。全議案が満場一致で採択され、髙城闘争委員長の決意表明と団結がんばろうで終了した。

[ 2018年01月26日 18:42 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.390 1/22-23 自交総連関係弁護士交流会(全労連会館)早川

 自交総連関係弁護士交流会(全労連会館)早川
 全国から弁護士24人、司法修習生1人が参加して開催した弁護士交流会は、22日、午後から23日の午前にかけて開催した。基調講演は、本部顧問弁護士の菅氏(東京法律事務所)が「シェアリングエコノミーと労働者の権利」の題で行い、「相乗りアプリ『CREW』(クルー)の体験」「ウーバーイーツ配達員との交流からわかってきたこと」「物流への浸透」「諸外国のうごき」等について体験や聞き取りからわかりやすい内容で1時間にわたり報告した。
 特別報告は、「賃金の一方的変更で道労委不当命令を受けた行訴事件」北海道・札幌交通、と「乗客からのクレームを理由として地連委員長を62歳で雇止め」福岡・太宰府タクシーの2件で、その他「高知・土電ハイヤー 有給手当請求事件」「国際自動車(賃金支払い請求事件)」など各地方から報告され、意見交換を行い各地方へ成果を持ち帰った。

[ 2018年01月26日 18:40 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.389 1/17 日経連包囲行動

  1/17 日経連包囲行動
 全労連・国民春闘共闘・東京春闘共闘は17日、2018年春闘で大幅賃上げの実現、憲法と労働法制の改悪を阻止しようと、丸の内で春闘闘争宣言行動を行い、経団連会館を包囲しました。南部から20人(帝都2飛鳥1小田急3高砂3km1日交10)、全体で1400人の参加者が「大幅賃上げ実現 なくせ長時間労働」「アベ9条改憲NO!」「内部留保を賃金、下請け単価にまわせ」とシュプレヒコールで都民に訴えました。
 小田川義和全労連議長は主催者挨拶で、「経団連は、8時間働けばくらせる雇用の実現、中小零細企業との適正な取引ルールの確立に正面から答えるべきだ」と強調。経団連の経労委報告にふれ、「賃上げの前向きな姿勢は見せたものの、すべての労働者の賃上げが内需拡大のカギという立場にはない」と批判し、大幅な賃上げの実現を迫ろうと訴えた。また、「働き方改革」と9条改憲の阻止に向けて全力でたたかおうと呼びかけた。南部の仲間は時々、氷雨がぱらつく中、丸の内デモと経団連前集会に最後まで参加し春闘勝利への決意を固め合いました。

[ 2018年01月26日 15:33 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.388 オールシーズンタイヤのモニター募集

オールシーズンタイヤ(ベクター4シーズンズ・ハイブリッド)日本グットイヤーがモニター募集、1都6県各10社、計70社に1台ずつを贈呈。

[ 2018年01月18日 11:51 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.387 民泊新法6/15施行へ

住宅宿泊事業法(民泊新法)2018/6/15施行、3/15民泊事業の届け出手続きが開始。
管理規約の改正が必要。国土交通省

[ 2018年01月18日 11:48 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.386 タク車庫貸し出し実験

 タク車庫貸し出し実験。1月22日から3月21日まで2ヶ月都内3社、空き時間を有料駐車場、トラックの荷さばき場として活用。予約アプリ「アキッパ」東洋交通と日の丸世田谷は2台、飛鳥第三5台を解放。時間帯は9時から6時、全日、平日とまちまち。料金は1日700円前後を設定。

[ 2018年01月18日 11:46 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.385 東京無線がAIタクシーへ

 東京無線は、1月10日、1300両規模でAIタクシーを1月末から3月にかけてドコモ、デンソーテンと協力して世界初のAI人工知能タクシーを走らせる計画を明らかにした。システムは、kmがアプリを振ってタクシーを呼ぶのに対して、AIによってすでにタクシーがその場所にいるというシステムだ。まずは、東京無線加盟の1300両規模で導入し営収をあげる年にしたい」と強調した。

[ 2018年01月18日 11:42 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.384 1月14-15日 南部2018春闘討論集会報告

 2018年1月14-15日 南部2018春闘討論集会報告
 三浦マホロバマインズ(三浦海岸)にて13単組38人の参加で開催。髙野副議長はインフルインザ、林専従執行委員は椎間板ヘルニアで欠席の中、早川事務局長の開会挨拶、全体会議の座長に木俣常任(帝都日新)を確認。松村議長代行の主催者挨拶と「ライドシェア最新情報」の基調講演を行った。
 続いて4つの専門部報告、早川事務局長の「審議事項」「春闘方針と論議の骨子」を受け2日目の11時20分まで2つの分散会で討論を行い、全体会議で第1・山本常任、第2・福田常任がそれぞれ7分間の分散会報告を行った。全体発言では、佐藤氏(荏原交通)が春闘方針の補強発言を行った。
 まとめで事務局長が、秋闘は14単組が要求書を提出し年内に9単組(64.3%)が了解点に達した。内容は年末年始手当や一時金などが現状維持やプラスα、乗務員負担軽減、ナビ更新、修理手当や講習手当のアップ、職場要求前進、設備改善など前進させ、白タク合法化阻止闘争と並行して、職場要求を前進させ春闘につなげる闘いを構築した。
 春闘を闘う上で、昨年12月の実態を持ち寄り、前年同月比で稼働率がアップが8社、ダウンが5社。雇用状況は増加が3社、横ばえが2社、減少が5社と会社間格差が起きている。運送収入の全体は増が4社、横ばえや減の会社が9社で、1台当たりの営収は11社が大幅に増加していると報告があった。
 春闘は、タクシー業界の再編がすすむ中で取り組まれる。3月には大和グループの昭栄・改進・日日が日交グループに加入、業務提携など業界の合(がつ)従(しよう)連(れん)衡(こう)がすすむ中で取り組まれる。また、活性化策では11項目が次々と実証実験が行われ、乗務員犠牲は許さない方針を堅持して闘う。
 春闘をいかに闘うかでは、労働条件改善をはじめ安倍政権と新経連の暴走ストップ、憲法9条改悪の具体化阻止や白タク合法化阻止、働き方改革を許さない闘いを構築する。
 さらに春闘は、労働8団体行動を追求しつつ、3月7日の自交総連中央行動(国交省・厚労省)をはじめ、「白タク合法化と規制緩和阻止 労働条件改善 2018年春闘」のスローガンで取り組む。交渉方式は集団要求提出を追求する。組織強化拡大では、東京武三の乗務員数がこの7年間で14.478人19.2%減、この1年間でも535人(0.9%減)という経営上は厳しい状況だが、乗務員から見れば売り手市場と有利な情勢で闘われる。ユニオンのところは厳しい状況だが自交総連2ヶ年計画の方針で頑張る。とまとめ、中村事務局次長の閉会挨拶、松村議長代行の団結頑張ろうで終了した。

[ 2018年01月18日 11:36 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.383 1/05 新春宣伝

 1/05 新春宣伝
・二子玉川駅 小田急2 1単組2人
・蒲田駅   帝都日新1盈進2三信1小田急1日東1   5単組6人
・目黒駅   高砂4    1単組4人
・恵比寿駅  高砂3    1単組2人
・品川駅   飛鳥1天龍1  2単組2人
・東京駅八重洲 日交(新木場1千住1池袋1本部1)1単組3支部4人+東個労3+髙城委員長・林・早川=10人
   6駅14単組支部20人+東個労3+人髙城委員長・林・早川  地連宣伝カー
※東京駅八重洲口には地連宣伝カーを配置し、林専従執行委員の司会で宣伝を行い、弁士は髙城政利委員長、早川副委員長、東個労の平岩委員長が新春の挨拶とライドシェアの危険性などを訴えました。テッシュ入りのビラは200枚近くが完配しました。

[ 2018年01月12日 19:35 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.382 12/02 第12回芝公園タクシー休憩所清掃(スタート2016年7月19日)

12/02 第12回芝公園タクシー休憩所清掃(スタート2016年7月19日)
 (三信1羽田1品タク1天龍1小田急1荏原1)6単組6人
 共闘会議後、芝公園タクシー休憩所の清掃活動を6組合6人で実施しました。今回は、業界紙で休憩所の風紀が乱れて、地域から苦情が出ていると報道されている中での清掃活動でした。当初から見ればだいぶ改善されていますが、ペッドボトル、空き缶、空弁当、タバコの吸い殻などを丁寧に拾い集めました。
 今回も反省会を行い、清掃活動にもなれて、綺麗になった休憩所は気持ちが良いねと、次回の南部ハイタク共闘会議後も清掃活動を続けることを確認しました。
 清掃活動は2016年7/16をスタートに2回の中止をはさみ10回実施してきました。
2016年7/19・9/24・12/12・2017年2/17・3/20(11単組13人)・4/25(4単組5人)・5/16(7単組7人)・7/22(9単組10人)・8/22(9単組10人)・11/4(8単組9人)・12/2(6単組6人)

[ 2018年01月12日 18:58 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.381 1/11 東海七福神めぐり(7単組14人)

 晴れ渡る晴天の下、第3回南部都内ハイキング大会は、7単組14人(小田急4高砂2飛鳥3帝都日新1品タク1天龍1日交2)で開催しました。新馬場駅に10時に集合し、福田文化部長の「2018年最初の行事です、頑張って歩きましょう」の挨拶を受け、スタートしました。まず一番目は駅前の品川神社(大黒天)に、上りの階段にフーフーいいながらお参り、七福神お札を1000円で買い求めました。続いて、徒歩5分で養願寺(布袋尊)へ、さらに3分で不動明王を本尊とし、成田山や浅草寺等とゆかりのある一心寺(寿老人)で御朱印をいただき、4番目は龍神を祀る元品川宿の総鎮守の荏原神社(恵比須)へ参る。ここまでは楽々と進行した。20分かけて5番目は太田道灌公の念持仏と伝えられている品川寺(毘沙門天)へ、ここでは鐘突も出来「鐘の寺」とも呼ばれ、自分でついた鐘の音にしばし「うっとり」と聞き入りました。続いて25分で砲台跡を左手にみて浜川橋(通称なみだ橋)を渡り右側の氏神様として仰ぎ親しまれている天祖・諏訪神社(福禄寿)にお参り。7番目へは左手に天龍交通を右手に鈴ヶ森刑場を見ながら、更には品川水族館を左にみて大森海岸駅の先にある磐井神社(弁財天)に営収アップと宝くじ当選を祈願し七福神すべての御朱印をいただき完歩しました。9571歩、約2時間の七福神めぐりでした。打ち上げは全員で品タク・天龍御用達?の店、会員制オマールでナベをつつき、お雑煮も戴きながらささやかに行った。

[ 2018年01月12日 10:51 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

NO.380 11/17東京地連と警視庁交渉結果

 11/17東京地連と警視庁交渉結果
①違反行為、反則行為が無かったと判明した場合点数は加点入力を取り消すべきだ。→違反に誤認があった場合には点数は抜いている。
②「横断歩行者等妨害違反」の基準について→道交法31条1項により、一般的に通常の速度で横断している人を止まらせたり、車の速度を変えなければならない場合。
③違反成立の可否判断で「ドライブレコーダー」を事実判断に加えるべきだ。→現認に基づいてやっている。必ずしもドライブレコーダーで事実判断はしない。反則検数は87万件有り、一つ一つの証拠は拾わない。
④違反取締の方法については警察官1名の取締りは禁止するべきだ。→地域課の警察官が、明らかに違反した車など、1人だからと見逃すわけにはいかない。1人でも十分現認可能と考えている。
⑤「行政不服審査法」の手続きは時間がかかるため、免停の処分が出た場合「聴聞制度」を設けたり、不服審査中には処分の停止を可能にすべきだ。→一定の基準に達した場合には迅速に行政処分を行うのが望ましい。行政不服審査は処分が下る前はできない。免許更新時、ゴールドがブルーになったということであれば不服審査請求ができる。
⑥自転車の危険走行の更なる取締りの強化をするべきだ。→悪質なものについては切符を切るなどの対応をしている。地域や学校と協力して全国一律に行っている。
⑦交通指導で「アイコンタクトの推奨」を実施しているが、認識が曖昧であるため、「手を上げる」等の動作による指導を行うべき。→アイコンタクトを推奨しているだけで、アイコンタクトで全てがわかるわけではない。ドライバーには歩行者が優先である。と言う指導を行っている。

[ 2017年12月12日 16:12 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)


[ 管理者用ページ ]