FC2ブログ

No.435 8/4-6原水禁世界大会広島に参加して(日交千住 新井征夫)

原水禁世界大会広島に参加して
日本交通労働組合千住支部 新井征夫
 原水爆禁止2018世界大会に初めて参加させていただきました。今年は、直前の豪雨災害の影響もあり、交通網の寸断など非常に悪条件の中、開会にこぎつけた関係者方々に敬意を表したいと思います。
 8月4日の全体総会においては日本全国はもとより、海外からも23ヶ国98名もの代表が広島に来られ、会場であるグリーンアリーナはものすごい熱気に包まれていました。
 多くの被爆者の方や、海外代表者の方々が登壇され、その演説からも核廃絶への願いが全世界的なうねりとなっていることを感じさせられました。と同時に唯一の被爆国であるこの日本が、核兵器禁止条約を批准していない現状に憤りを感じざるを得ませんでした。
 二日目の分科会では「被爆体験の継承・実相普及と援護・連帯活動」に参加し初めて被爆者の方々から直接被爆体験を聞かせていただきました。想像を絶するような原爆被害の惨状を、本当なら思い出したくもないであろう体験を話してくださいました。「被爆者の高齢化」という問題も横たわる中、「今、伝えなければ」という思いや被爆者の方々の思いに報いるためにも核のない平和な未来を実現させなければという思いを改めて強く持ちました。
 原水禁世界大会に際しカンパ、署名に協力いただいた皆さまに御礼申し上げます。

[ 2018年08月10日 17:10 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.434 8/01 タクシー運転手スト勝利(スペイン)

 スペインでタクシー運転手らが米ウーバー社などによる配車サービスへの規制を求めていた問題で、サンチェス政権は8月1日、配車サービスの規制法制定を約束した。これを受け、全国各地の主要道路を封鎖するなど7月25日から8日間に及んだストライキは終結した。ロイター通信は、ウーバー社などに「新たな打撃になった」と報じた。
 スペインでは近年、配車サービスが急速に拡大。全国でタクシー約65300台に対し、配車サービスが約9400台に上り、これは配車サービスがタクシー6.9台に1台となりタクシー運転手は規制を求めてきた。これに対して政府は、営業許可免許をタクシー30台に対して配車サービスを1台の割合に規制する法律をつくることの約束をした。さらに、配車サービス規制の権限を地方自治体に与える意向を示した。
 ストを終了したタクシー運転手は「われわれは勝利した」と喜びの声をあげ、バルセロナの運転手らは、ストを支援した市民に感謝を示し、9月はじめに無料乗車デーを実施する方針を発表している。
 配車サービスをめぐっては、ロンドンのタクシー運転手が、ウーバーの登場で減収を強いられたと、集団訴訟を検討し、ニューヨークでは競争に追い詰められたタクシー運転手の自殺が相次いでいる。

[ 2018年08月10日 12:28 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.433 7/31 2017年のタク法令違反391社中347社

 厚労省は7月31日、自動車運転者を使用する事業場(トラック・バス・ハイタク等)に対する2017年の監督指導、送検などの状況をまとめ公表した。この中でハイタク関係では、391社で監督指導を行い、労働基準関係法令違反は347社(88.7%)に達し各業種別で最悪の違反率だった。改善基準告示違反については391社中176社(45.0%)で認められた。
 ハイタク関係の法令違反347件のうち、主な違反事項は労働時間196件(50.1%)、割増賃金120件(30.7%)、休日14件(3.6%)だった。また、ハイタク関係の改善基準告示違反176件での主な違反事項は、最大拘束時間137件(35.0%)、総拘束時間96件(24.6%)、休憩時間30件(7.7%)だった。
 事例紹介ではハイタク関係で、累進歩合制度の廃止を指導し、事業者側が指導に従って同賃金制度を廃止し、これに代えて「固定給+歩合給」を導入したこと、あわせて産業医と相談してストレスチェックを実施の上で労働基準監督署に結果報告を行ったことなどが記載されている。
 悪質な違反などにより送検した事案についてハイタク関係は6件(15年4件、16年5件)だった。事例紹介では、違法な休日労働を隠ぺいする目的で虚偽の運転日報を提出するなどした例をあげ、代表取締役自らが長年にわたり、多数の運転者について日報の組織的改ざんを行わせていたことが判明したことから送検に至ったとしている。

[ 2018年08月03日 17:19 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.432 8/01 地連道対学習会(深川江戸資料館)

8/01 地連道対学習会(深川江戸資料館)
 帝都日新1三信3品タク2天龍1小田急3高砂5km3日交11=8単組29人、全体27単組129人+他4+運営23=156人
 猛暑がぶり返す気候の中、全都道交法学習会が深川江戸資料館にて開催、全体で156人が参加しました。学習会は相楽法対部員の司会ではじまり、髙城委員長の主催者挨拶を受けて第1部、寸劇「事故発生!その時あなたはどうする?」で、事故現場での対応、現場検証から取り調べまで、小平昌孝氏(帝都葛飾)の脚本で臨場感あふれる寸劇で学ぶことが出来ました。つづいて「安全運転中央研修センター(ひたちなか)の研修」を映像と体験談を交えて小髙正道氏(栄自動車)が発表しました。
 第2部は、「もしも交通事故を起こしたら-事故発生とその後の流れ-」について中村優介弁護士(江東総合法律事務所)から講義を受けました。中村弁護士は、「もし事故を起こしたら」①所属組合に報告、②目撃者の確保、③(人身事故の場合)被害者への「いたわり」、④(逮捕されたら)弁護士を呼ぶ-当番弁護士制度がある。※最初の取り調べが一番大事!になる。なと講義しました。
 質疑応答では9人から発言があり、点数の累積について、弁護士費用について、寸劇の内容についてなどの質問があり、それぞれ答弁しました。
 地連道交法対策委員会の活動報告と閉会挨拶を岸田正勝道対委員長が行い、警視庁丙運発第11号を活用して点数抹消させた帝都日新の成果を交えて挨拶をした。

[ 2018年08月02日 11:31 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.431 7/30 南部団結地曳網大会(鵠沼海岸)12単組211人+地連1

 迷走台風の影響で心配された地曳網大会は無事開催され、朝までうねりがあり網入れが危ぶまれましたが3年ぶりに網入れが出来ました。10時には中村雅一副議長の司会で松村議長代行の挨拶の後、200人を超す仲間が見守る中、みんなで網を引き上げ、網の中には鯵、ワカシ、シラス、鯖、さっぱ、鰯などがたくさん飛び跳ねていました。初めて参加した人は、「こんな大がかりにやるんだね」とか「釣りではこんなに取れないね」と感心していました。
 交流に来た大人の仲間は、主催者が用意した焼きそば、アジ・サツマイモ・シラスのかき揚げの天ぷらに舌鼓をうち、各単組が用意した焼き肉、海鮮焼き、焼き鳥などを楽しみました。また、子供達はスイカ割りに夢中になり、小さい子は目隠し無しでも割れなく悔しがり、お土産をいただき頑張っていました。最後は、大量の魚をみやげに持ち帰りました。来年は魚の持ち帰り用クーラーボックスを用意してきて戴くと持ち帰れます。

[ 2018年08月01日 15:53 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.430 7/26-28 全労連第29回定期大会(砂防会館)早川

 7月26日、千代田区の砂防会館にて全労連第29回大会が「ストップ安倍政権!憲法を守りいかそう!」「8時間働いて普通に暮らせる社会の実現を!」「すべての労働者を視野に組織と要求を前進させ、未来を切り拓こう!」のスローガンを掲げ18単産、47地方320人が参加して開会しました。小田川議長のあいさつに続いて純中立労連、、農民連、日本共産党の小池書記局長から連帯の挨拶を受けました。橋口事務局長代行議案提案を受け、69人の発言がはじまりました。
 2日目は9時30分から来賓挨拶を、新婦人の笠井会長、自由法曹団の船尾団長、労働総研の青木さんから受けました。全体発言がつづき、32番目に髙城委員長がたち、全労連議案書17ページに方針になった「ライドシェア導入反対、安全な公共交通の再生」についての補強と、組織強化について岩手県出身の政治家「後藤新平氏」(1857年~1929年)が残した「金を残すは下、事業を残すは中、人を残すは上」の格言を引用して発言しました。発言は、台風の影響を考え6時近くまでかけて全ての発言を終了しました。
 3日目は、全ての議案は満場一致で確認し、小田川義和議長を再任し、新事務局長に野村幸裕氏を確認。7人の副議長と3人の事務局次長、35人の幹事を確認しました。
 自交総連からは、菊池書記長が幹事として、代議員5人は髙城委員長、早川副委員長、二階堂・冨松両常任執行委員、東京地連の舞弓オルグが参加しました。

[ 2018年08月01日 15:50 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.429 7/26 最低賃金の「目安」答申(中央最低賃金審議会)

 厚労省は7月26日、中央最低賃金審議会が答申をまとめ、地域別最賃改定の目安額を時間当たり全国加重平均26円とすることを決めました。今後は、各都道府県に設置された地域最賃審議会が目安額に準じた答申を決め、10月頃から最賃の適用がされます。
 地域別最賃は、47都道府県を4段階にランク分けし、各ランク別に引き上げの目安が決まります。Aランクは27円で(東京・埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪)6、Bランクは26円で(茨城・栃木・富山・山梨・長野・静岡・三重・滋賀・京都・兵庫・広島)11、Cランクは25円で(北海道・宮城・群馬・新潟・石川・福井・岐阜・奈良・和歌山・岡山・山口・徳島・香川・福岡)14、Dランクは23円で(青森・秋田・岩手・山形・福島・鳥取・島根・愛媛・高知・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)16、の引き上げの目安額になっています。ちなみに東京は現在の958円に27円あがり985円で、週40時間の所定労働時間で月間4,692円あがり171,193円になります。私たち全労連はいますぐ1,000円にあげて、最賃は1,500円を要求して運動を展開してきました。

[ 2018年08月01日 15:48 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.428 7/18 受動喫煙防止(改定健康増進法) 義務に

受動喫煙防止(改定健康増進法) 義務に
 受動喫煙義務づける改定健康増進法が18日、参議院本会議で自民党、公明党などで可決。立憲民主党、日本共産党、希望の会(自由・社民)、沖縄の風などは対策が不十分だと反対した。
 改定法では、住宅やホテルの客室などを除き屋内禁煙を義務化した。学校や病院は屋外に喫煙所を設けることができ、資本金5000万円以下で客室面積100平方メートル以下の既存飲食店(総飲食店の約55%)は経過措置として喫煙を認めるなど”抜け穴”が多く、多くの野党は規制強化を求めていた。2020年4月から全面的に実施する。

[ 2018年07月20日 13:43 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.427 7/17 南部未組織宣伝

07/17 南部未組織宣伝
 蒲田駅 三信2・帝都日新1・盈進1・平和1・小田急蒲田1=5単組6人+舞弓・早川
 東京駅 km1・日交新木場1=2単組2人+舞弓・早川+東個労1
 品川駅 天龍2・飛鳥1=2単組3人
 恵比須駅 高砂2 
 目黒駅  高砂2
※10単組15人と早川・舞弓氏、東個労が参加し、5駅で35度を超す猛暑の中、汗を拭きながら関西水害の支援、規制のサンドボックスの動向宣伝と組織拡大を目的に実施した。暑さのせいかどの駅もタクシーが忙しい状況の中、テッシュと団扇を配布、掃除も行い対話をしながら、蒲田駅と東京駅では宣伝カーから舞弓オルグ・早川副委員長が訴えた。

[ 2018年07月17日 17:50 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.426 7/15 最賃1500円サウンドデモ

  7/15 最賃1500円サウンドデモ(高砂3小田急1帝都日新1早川)
 最低賃金1500円にあげろ、の宣伝サウンドデモを東池袋公園を発着に六又交差点→東口五叉路の繁華街で行い、多くの通行人が注目する中、「最賃1500円上げろ」「パート・派遣なめんな」「カジノ法より災害支援」とラップのリズムに乗ってアピールした。超猛暑のなか、フラフラになりながらも元気よく南部4単組6人、地連11単組26人が参加した。

[ 2018年07月17日 17:46 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.425 7/5国際自動車決算報告会

 国際自動車は7月5日、17年度決算報告会でタクシー・ハイヤー・バスの旅客事業3部門の推移で09年の事業許可取り消し処分の影響で10年度の連結売上げ高が380億円と近年最低水準だったが、17年度は売上高506億7700万円と前年度比20億2600万円増と10年ぶりに500億超となった。経常利益は17億9300万円で前年度比4900万円の増益になり、純利益については8億4200万円で、前年度比9億6800万円の減益だった。事業損益について、今期はIT化に対応するため投資に舵を切り、タクシーでは無線システムのIP化とフルクル、kmタクシーアプリの同時投入を行った。経常利益が増益で、純利益が大幅減益になったことについては、無線システムのIP化に伴い東京スカイツリー関連費用を一括で引当金として3億円計上したことが影響した。と説明。
 人財採用で新卒採用が今年で9年目を迎え、累計で650人を採用。離職率は8年間で16%で一般企業の30%より大きく下回り定着している。と強調した。

[ 2018年07月14日 15:35 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.424 6/13 18歳で「大人」に

 成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法が6月13日、参議院本会議で自民、公明、維新の会なと賛成多数で可決、成立した。明治以来続いてきた「大人」の定義が変わる。施行は2022年4月1日です。改定により、男性18歳以上、女性16歳以上と異なる結婚可能年齢が、18歳以上で統一される。これは、女性団体が是正を求め、国連女性差別撤廃委員会から勧告されてきたことで、女性団体は重要な前進と評価している。
 一方、18歳や19歳でも、親の同意なしに携帯電話やローンの契約や高額な商品購入が可能になります。20歳になっていないことを証明すれば契約を取り消す事ができる「未成年者取消権」を失うことで、高校生を含む若者がデート商法やマルチ商法など悪徳業者の標的にされ、多重債務やカード破産など消費者被害が拡大するおそれがある。立憲民主党や共産党など多くの野党が反対し、弁護士や専門家らが「慎重に」と声をあげたのもこのためです。飲酒や喫煙、公営ギャンブルについては、健康や依存症への懸念から現行のまま、20歳未満は禁止となっている。また、国民年金保険料の納付義務は20歳据え置きです。
 新聞の世論調査(「読売」2018年4月)でも「賛成」42%に対し「反対」が56%、年代別でもすべての年代で「反対」が5割を超えており、国民的理解が深まったとはいえない状況です。

[ 2018年07月07日 11:01 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.423 7/3-4 地連夏季研究集会(鬼怒川ホテル三日月)南部10単組26人参加

 地連夏季研究集会は、40単組153人、自交総連菊池書記長、東京労連保科事務局次長、江東総合中村弁護士が参加で開催、春闘総括、次年度方針(案)を討議した。
 主催者挨拶した髙城委員長は、「安倍総理は国会を延長しても悪法を通そうとしている。私たちにも関係する働き方改革一括関連法を国民がワールドカップに目を取られている間に通した」と強調し、「生産性向上特措法の成立で規制のサンドボックス制度など、まだまだ予断を許さない白タク合法化の規制緩和を許さず、賃上げで安全輸送の確立をめざそう」と話した。
 菊池本部書記長は、「タクシーをめぐる情勢と政治の動向」の基調講演を行い、白タク合法化をねらう新しい動きや規制緩和の流れと政治、さらには労働条件改善、タクシーの将来のためにの内容で縦横にわかりやすく整理された話をした。
 川崎書記長が春闘総括と次年度方針(案)を提案し、翌日の午前中まで10の分散会で討議した。第1分散会では、ライドシェア対策で過疎地の移動の権利問題対策として交通政策基本法の活用など、さらには世論を味方にするためネットで拡散や新聞への意見広告を。また、組織強化拡大での論議は、組織や役員の強化が、拡大につながる。具体的には一声声かけや笑顔で仕事をする。役員の動きが見えるように、女性の幹部活用、合わせてパワハラやセクハラの学習会の実施。乗務員としてのモラルの確立について討議された。2日めの午後は、全体会で髙野(日交)と佐藤(クリーン)の両執行委員、技職の3人が分散会報告、全体討論では青年部2人と東個労を含め5人が補強発言を行った。川崎書記長の答弁とまとめを行い、髙城委員長の団結頑張ろうの突き上げで終了した。 

[ 2018年07月07日 10:59 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.422 6/30 「働き方改革」一括法が6月29日の参議院で自民・公明・維新の会などに強行され可決成立した。

 過労死を促進する残業代ゼロ制度(高度プロフェッショナル制度)を盛り込んだ「働き方改革」一括法は、過労死遺族や労働者が反対し、野党の論戦で与党の暴挙を糾弾。ねつ造、隠蔽が発覚し、労働時間データの誤りが次々と明らかになり、法案の前提も論拠も総崩れするなど徹底的に追い詰められ、議員の数だけを頼みにかろうじて押し通したにすぎない。
 残業代ゼロ制度(高度プロフェッショナル制度)に全労連、連合など全ての労働組合、過労死遺族、市民が反対し野党が結束して追求した。この力は、「高プロ」廃止のたたかいの土台となる。高プロは長時間労働に歯止めがなく、対象業務は省令で自由に決められ、年収要件も「高収入」とは名ばかりなど致命的な欠陥と抜け穴だらけの法律であることが明らかになった。
 財界が一番求めていた裁量労働制の対象拡大を、法案から削除させたことは大きな成果だ。野党は合同ヒヤリングなどで、安倍首相が”裁量労働制は一般労働者より労働時間が短くなる”とアピールした答弁の矛盾を追及。労働時間データのねつ造などを認めさせ、法案からの削除に追い込んだ。高プロとセットで導入の財界・大企業のもくろみはつぶれた。法律は成立したがたたかいはこれからだ。論戦と労働者のたたかいに押され、前代未聞の47項目もの附帯決議をつけざるを得なかった。労働政策審議会はこれから90を超える政省令や指針を作ることになっていて、附帯決議を省令や指針に盛り込ませれば、改悪法の実施を許さないたたかいに活用できる。

[ 2018年07月02日 13:01 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)

No.421 6/24第11回日本交通労働組合団結カラオケ大会

6月24日、第11回日本交通労働組合団結カラオケ大会が、北千住「NEW来来」で行われ各支部から34人が参加しました。
まずは吉永委員長の挨拶、次いで石川文化部長の挨拶と乾杯の音頭で会はスタート、オープニングは歌手ローレン・フローレスさんが『ホット・スタッフ』を歌い上げ会場を暖めました。
第1部は支部の対抗戦、各支部よりカラオケ好きの猛者が参加しました。なかでも池袋・澤田さんの熱すぎる尾崎豊の歌いっぷりには、会場がとても盛り上がりました。
第2部では、審査員の皆さんが歌唱力を披露しました。 その後は表彰式、こちらも熱かった新木場・江間さんの歌唱賞など各賞が発表されました。そして上位3位は千住が独占、優勝は『傷だらけのローラ』で私たちの心をさらった千住・黒澤さんで、団体優勝ももちろん千住支部でした。千住・新井さんの司会でスムースに進行し、たいへん盛り上がり団結も深まったカラオケ大会になりました。
入賞者
【1位 】黒澤 孝次 千住      【ユーモア賞】 佐藤 清春 三鷹
【2位 】後藤 富治 千住      【技能賞】   住谷 淳 千住
【3位 】倉持 武彦 千住      【歌唱賞】   江間 裕三 新木場
                 【努力賞】   渡邊 慶朗 新木場 
                 【審査員賞】  澤田恵輝 池袋

[ 2018年07月02日 10:08 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)


[ 管理者用ページ ]