FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NO.391 1/23-24 自交総連40回中央委員会(全労連会館)早川・松村・髙野・中村雅・木俣・関・吉永・佐々木

 1/23-24 自交総連40回中央委員会(全労連会館)早川・松村・髙野・中村雅・木俣・関・吉永・佐々木
 中央委員会は、庭和田副委員長の開会挨拶ではじまり、議長団に小高(東京)と福井(大阪)を選出、執行部・中央委員・来賓傍聴など84人が参加して開催した。
 主催者挨拶で髙城委員長は、「安倍首相は年頭挨拶で国会での改憲発議に向けて強調し、働き方改革で労働者性を奪い、労基法をはじめとする労働法制そのものを無効化しようと、働き方改革推進法8本を一括法案として成立させようとしています」と安倍首相の危険性を強調。「白タク合法化阻止の運動が産別8団体の共闘などの取り組みと事業者を含めた共同の運動の成果でライドシェアを日本に上陸させていません。しかし、海外ライドシェアと連携する企業が現れていることに警戒が必要で、ウーバーが現行のタクシーサービスを利用すると方針を変更した。『ひさしを貸して母屋をとられる』ことになりかねません」と訴えた。
 3000万署名達成への「憲法学習ビデオ」上映を含め菊池書記長の方針提案を受け、質疑討論では16人が補強発言し、組織強化対策、ライドシェア阻止、特定地域・地域協議会の取り組み、労働条件改善の取り組み、外国人労働者の参入、最低賃金対策、権利侵害・原則的な闘い等補強発言が続いた。
 まとめと答弁で菊池書記長は、「京都は新京和を2年がかりで加入させ、長崎で加入者が生まれ展望が、北海道が個タクの仲間を組織、東京が道交法の取り組み、埼玉がわかりやすい言葉での宣伝などで組織化が進んでいる。白タク阻止は8団体の共同の取り組みの追求と宣伝で取り組む。財政も確保している。権利の侵害を許さず、原則的な取り組みで魅力ある職場を作ろう」と報告した。全議案が満場一致で採択され、髙城闘争委員長の決意表明と団結がんばろうで終了した。

[ 2018年01月26日 18:42 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)


[ 管理者用ページ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。