FC2ブログ

No.405 4/9 東タク協交渉(東タク協)松村・早川

 東タク協は「身内であるはずの三ヶ森タクシーの提案の件で規制改革推進会議から圧力が強い。労使で阻止に向けて、8団体の集会に幹部で参加の予定」。プラットフォーマーとの業務提携について「政府、官邸の主導で提携推進の流れとなっているが、慎重に対応している」。バスレーン走行、タク専用休憩所、都にタクシーの部局の設置は「都議会にタクシーに関する諸問題を、議員を通じて要請している」。ささらに「多摩地区は、千葉・神奈川と共に運賃改定(値上げ)の申請を検討中である」。「累進歩合廃止や最低賃金厳守は当然。アクションプランにより、厳格な労働時間管理が必要となる。特に月間拘束時間が厳しくなると考える。7月1日からは、健康診断未受診者が1人でもいれば行政処分となる」。乗務員負担は「労務委員会において、撤廃方向で指導する。しかし、強制はできない」。車両の使用年数は「Japanタクシー導入で、代替を前倒ししている。一方で前倒しした車両を、中古で購入事業者が出ている。この問題は難しい」。UDドライバーズ保険の加入について「実態を把握していない。この件は調査する」。笑顔輸送キャンペーンは「例年通り、協会と労政研とで協力する」。

[ 2018年04月13日 11:06 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)


[ 管理者用ページ ]