FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

No.410 5/3 5.3憲法集会(臨海防災公園) 高砂4目黒1日交5

 安倍内閣がねらう9条改悪を阻止しようと71回目の憲法記念日の3日、全国各地で集会や宣伝がとりくまれた。有明防災公園で「9条改憲NO!平和といのちと人権を!5.3憲法集会」が開かれ、昨年を上まわり一枚の写真に収まりきれない6万人が参加した。「9条改憲NO!」「いいね!日本国憲法」「安倍政権退陣」などと書かれたプラカードでアピールした。
 主催は5.3憲法集会実行委員会。「総がかり行動実行委員会」「9条改憲NO!全国市民アクション」の共催で、実行委員会を代表して高田健さんは、世論調査では安倍政権下での改憲に対して反対が58%達していると指摘、『安倍政権はボロボロに見えても自然には倒れない。私たちの手で倒そう』と訴えた。
 学者や市民らがリレートークを行い、一橋大名誉教授の山内敏弘さんは、「自衛隊を明記すれば集団的自衛権の全面容認になる」と批判。作家の落居恵子さんが「平和と命、人権のためにあらがうことは生きる証であり誇りです」と「あらがう」の言葉をくり返し強調するように呼びかけると、参加者は声援や拍手で応えた。3000万人を目標に取り組んでいる「安倍9条改悪NO!全国統一署名」の集約数が1350万人〈4月末時点〉を突破したことを報告。行動提起した福山真劫さん(総ががり行動共同代表)は、草の根から3000万人の署名を集めきるとともに、「野党と連帯してたたかえば、安倍政権を倒すことが出来る」と強調した。高砂労組から参加した組合員は「凄い参加者数で9条を守るのに力強いです」と話していた。

[ 2018年05月07日 08:36 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)


[ 管理者用ページ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。