FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

No.432 8/01 地連道対学習会(深川江戸資料館)

8/01 地連道対学習会(深川江戸資料館)
 帝都日新1三信3品タク2天龍1小田急3高砂5km3日交11=8単組29人、全体27単組129人+他4+運営23=156人
 猛暑がぶり返す気候の中、全都道交法学習会が深川江戸資料館にて開催、全体で156人が参加しました。学習会は相楽法対部員の司会ではじまり、髙城委員長の主催者挨拶を受けて第1部、寸劇「事故発生!その時あなたはどうする?」で、事故現場での対応、現場検証から取り調べまで、小平昌孝氏(帝都葛飾)の脚本で臨場感あふれる寸劇で学ぶことが出来ました。つづいて「安全運転中央研修センター(ひたちなか)の研修」を映像と体験談を交えて小髙正道氏(栄自動車)が発表しました。
 第2部は、「もしも交通事故を起こしたら-事故発生とその後の流れ-」について中村優介弁護士(江東総合法律事務所)から講義を受けました。中村弁護士は、「もし事故を起こしたら」①所属組合に報告、②目撃者の確保、③(人身事故の場合)被害者への「いたわり」、④(逮捕されたら)弁護士を呼ぶ-当番弁護士制度がある。※最初の取り調べが一番大事!になる。なと講義しました。
 質疑応答では9人から発言があり、点数の累積について、弁護士費用について、寸劇の内容についてなどの質問があり、それぞれ答弁しました。
 地連道交法対策委員会の活動報告と閉会挨拶を岸田正勝道対委員長が行い、警視庁丙運発第11号を活用して点数抹消させた帝都日新の成果を交えて挨拶をした。

[ 2018年08月02日 11:31 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)


[ 管理者用ページ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。