FC2ブログ

No.443 9/26 東京地連第137回定期大会(北とぴあ・飛鳥ホ-ル)

 東京地連は「白タク合法化阻止、規制強化と適正実車率の実現で安心・安全輸送の確立を」をスローガンに掲げ第137回定期大会を9月26日、北とぴあで開催。50組合210人(来賓・報道を含む)が参加しました。南部からは10単組37人参加。全ての議案は全会一致採択されました。
 冒頭、髙城委員長は「安倍首相は自民党総裁に三選されたが、『森友・加計』問題では多くの国民が納得していない。また、憲法を破壊し戦争をする国づくりをすることは許されない。生活と権利、平和と民主主義、我々の要求実現のうえからも世論と運動を広げ、安倍政権を退場に追い込むことが重要だ」と政治課題にふれながらライドシェアの海外の情勢では「運転手によるレイプや殺人事件などが発生し、排除や再規制のうごきが活発化している」、日本では「新経済連盟が『ライドシェア新法』を政府に提出し、ソフトバンクの孫正義会長兼社長が規制緩和をしない国を強く批判している」と話した。最後に「東京地連は、過去のたたかいに学び、世界の取り組みを教訓として新たな運動の発想と展開で、賃金・労働条件の向上と公共交通機関としての『安心・安全』を掲げ、執行部が先頭に立ちみなさんと共に奮闘していく」と挨拶した。来賓あいさつでは、自交総連本部、東京労連、首都圏交運共闘会議、日本共産党吉良参議院議員、関係弁護団がそれぞれ憲法改悪阻止、ライトシェア対策、働き方改革や非正規雇用拡大、経済格差の問題など安倍政権の国民無視の施策に言及した。
 午後からは、川崎書記長が2018年度運動方針、2017年度会計報告、2018年度予算を提案。次に、平澤書記次長が2018年秋季年末闘争方針を提案。続いて、第2回機関紙コンクールで入選した日本交通労組をはじめ佳作の高砂労組ほか、佳作2点、努力賞4点に選ばれたそれぞれの労組が表彰されました。全全体討論は13人が補強発言し内4人が南部関係で、スト権は99.21%で確立しました。
 役選では早川、二階堂両副委員長と川崎書記長が退任し、中村雅一(高砂)、堀江(東都)の両副委員長と舞弓義隆書記長が選出され新たな体制でスタートした。

[ 2018年10月02日 18:02 ] カテゴリ:活動・行事 | TB(-) | CM(-)


[ 管理者用ページ ]